に投稿

オラクルカードの基本(1)オラクルカードでできること

オラクルカードを使い始めると、さまざまな疑問が湧いてきます。
例えば…
「直感ってどうやって使うの?」
「カードの意味がよくわからない」
「このやり方で合っているの?」
などなど。

誰に聞けば良いか分からない、小さな疑問を解決できる情報をご紹介します。

オラクルカードは、1枚引くだけで必要なメッセージやアドバイスを受け取ることができるカードです。
1枚ずつ異なる絵柄とキーワードが書かれたカードセットで、44枚セットのものが多いですが、作者やカードのテーマによって異なります。

オラクルカードリーディングの目的は、アドバイスを得ること。
さらには、自分の意思次第でアドバイスを行動に活かし、より良い日々を作ることです。
よって、当たる・当たらない、という尺度で測ることのできるものではありません。
親しい友達に相談するのと同じだと考えると、ぐっと身近に感じられます。

もし、漠然ともっと良い人生を送りたいと思っていたとしたら、オラクルカードは何をどのようにしたら理想に近づくことができるのか、自分の本心は何を求めているのか、心の中を紐解き、カードを引く度に一つひとつを具体的にしながら、夢へのステップを指し示してくれるでしょう。

カードからのアドバイスを受け取るために必要なのは、オラクルカードのセットだけ。
箱の中にすべてが揃っています。
あとは、自分の内側に意識を向けて直感を自由に使ってカードを読み解いていきましょう。

・自分の気持ちや本当の希望を知ることができる
・悩みを相談する(質問を考える)ことで、問題解決のきっかけに
・前に進むためのアドバイスを得て背中を押してもらえる
・リーディングを通して思いを打ち明けることで、肩の荷が下ろせる
・想像力・直感(感覚)を活性化し、育む
・もやもやした状態から気持ちをクリアにすることで安心できる
・自分とは違う考えを知ることで新たな視点が生まれ、気分転換になる
など


Q:種類が多すぎて選べません。

オラクルカードは直感で選ぶのがおすすめです。
何となく好き、呼ばれている感じがした、そんな「何となく」で選びましょう。
一番最初に良いと思ったカードが運命のカードということもあります。
オラクルカードアプリでは、トライアルデッキで気軽に新作カードを試すこともできます。
トライアルデッキは不定期で内容が更新されますので、ぜひ色々なカードに触れてみてください。

Q:何枚引けばいいの?

引く枚数に特別な決まりはありませんが、ベーシックなのは1枚引きや3枚引きです。
ただし、枚数にこだわりすぎる必要はなく、追加で数枚引きたくなったら直感に従って追加していただいてもかまいません。
ほか、カードを特定の形に配置して意味を読み解くスプレッドを利用してもOK。
アプリでは1枚引き、3枚引きだけではなく、ケルト十字のスプレッドが無料でご利用いただけます。
また、追加でカードを引きたくなった場合は「アドバイスカード」として5枚まで追加で引くことも可能です。

Q:同じことは何回も聞いちゃダメ?

いいえ、同じ日の間であっても何度も聞いてもOKです。
ただ、何度も繰り返し質問してしまうのには理由があるはずです。
例えば、本当は出てほしいカードがあるなど、実は自分の中で答えが決まっていて、それが出て納得するまで同じことを聞いてしまうとか、メッセージを受け取ってもなかなか行動に移すことができず、悩み事が解決していないなどでしょう。
何度も同じことを聞いてしまう場合は、どうしてそうしているのか、客観的に自分を見つめてみると新たな発見が得られます。

Q:プロの人はどうしてすらすらリーディングできるの?

たくさん練習しましょう!
何度もリーディングすることで、カードの意味を覚えてきて解説書が要らなくなったり、直感で捉えることに抵抗がなくなってきます。
でも、どなたでもできるようになりますよ!

Q:別のカードで同じ質問をしたら、全然違う答えが出たんですが・・・

どちらのカードも出ているメッセージに誤りはありません。
カードにもそれぞれ個性があり、アドバイスの伝え方はそれぞれ異なるのです。

Q:人によってリーディング結果の受け取り方は違うもの?

同じカードが出ても受け取り方が異なるのは自然なことです。
リンゴを見て赤いと思う人と酸っぱいと思う人がいるように、必要なメッセージはそれぞれ異なります。


※「オラクルカードリーディングブック」(JMA・アソシエイツ刊)より一部抜粋
※この記事はTherapy vol128の特集記事を再編集したものです。

に投稿

オラクルカードの基本(2)直感の使い方

「何となく」を大切にする

オラクルカードを使う上でよく耳にするのが「直感」という言葉でしょう。
カードからのメッセージは解説書に載っている内容だけではなく、絵柄を目にしたときに直感的に受け取ることができるからです。
しかし、直感は日常的に意識するものではないだけに、どうやって使えば良いのか、信じても良いのか分からないと感じる方も多いかもしれません。

直感とは、好きな感じ、嫌な感じ、などを感覚的に瞬時に感じ取ることです。
たとえ「何となく」であっても、他の誰でもない自分の中から湧き出てくる感覚であり、頭で理解する前の情報だったとしても、自分が感じ取った「真実」という風にも言えるものです。
直感を信じることは自分を信じることにつながります。
直感は、誰にでも備わっています。
自分の直感が信じられない・・・という方は、まずは自分の直感が何を伝えてきているのか、無理せず観察することから始めましょう。


(1)下の3枚の中から気になるカードを選びます。


(2)えらんだカードの絵柄を見て、直感的に感じたことを書き出しましょう。
一番気になった部分はどこですか?また、それは何を意味していると感じますか?
*モチーフや色、雰囲気など、他に気になる部分はありますか?それは何を意味しているでしょうか。
*総合すると、カードからどのようなメッセージが伝わってきましたか。


※入力内容はアプリ内には保存されません。
※この記事はTherapy vol128の特集記事を再編集したものです。

に投稿

オラクルカードの基本(3)瞑想を取り入れる

リーディングの準備にもぴったり

瞑想は、意識をひとつにして集中することです。
深い呼吸とともに心が落ち着き、リラックスしていくことが感じられるでしょう。
心の穏やかさを取り戻すために有効で、集中力UPにも効果的です。
そんな瞑想はリーディング前の準備にぴったり。
クリアなメッセージを受け取りたいときにぜひ取り入れてみてください。
短時間でも大丈夫。きっと効果が感じられますよ。

瞑想の仕方

瞑想方法には特別な決まりがありません。
こうしなければ瞑想できない、ということはありませんので、自由に行いましょう。
なお、瞑想方法の種類を大きく分けると「何も考えない瞑想」と「イメージする瞑想」があります。
そのとき心地良いと感じる方法を見つけてみてください。

<何も考えない瞑想>
リラックスします。ゆっくりと深く、吸う・吐くを繰り返しましょう。
呼吸だけに集中し、観察します。
吸う息、吐く息が鼻から抜けていくのを感じましょう。
何か思い浮かんでも考えこまずに手放します。
何かを考えていることに気づいたら止め、再び呼吸に意識を集中させます。
簡単に行う場合は1分でもOK。お好きな時間で行いましょう。

<イメージする瞑想(浄化の白い光の瞑想)>
目を閉じて、呼吸に意識を向けます。
頭上に輝く大きな白い光の玉があることをイメージします。
ゆったりとした呼吸にあわせて、光の玉が不要な感情や疲労を吸い取りながら、頭の先から足の先まで、体をスキャンするようにゆっくりと通り抜けて行くのを感じましょう。
足の先まで通り抜けた光の玉は、そのまま大地へ溶け込んで行きます。

※この記事はTherapy vol128の特集記事を再編集したものです。