オラクルオブザフェアリー

¥1,600

商品カテゴリー:

説明

妖精は、私たちのかけがえのない地球を守ってくれる不思議な存在です。地球、そして花や木を思いやる決して揺らぐことのないスピリチュアルな信念と、環境保護に対する絶対的な考えを宿す存在で、自然の精霊あるいは地球の守護者という言葉で形容されることもあります。 妖精は、自分たちが宿す太古の英知をすべての人が実際に体験すること、生まれ故郷である地球との絆を取り戻すことを心から欲しています。自然界の守護者としての使命は、自分たちと同じように私たち人間が地球を愛し、思いやりを持って接するよう確かめることです。また、ものごとを現実化する過程に対しても強い力を発揮します。人生にもたらされる素晴らしい恵み、地球を愛する気持ちを分かち合い、そして私たちが地球との絆を取り戻すためのインスピレーションを与えてくれます。『オラクルオブザフェアリー』と共に妖精のあり方を実感し、可能性と奇跡に満ちた妖精の世界の扉を開く旅に出るようみなさんをうながし、喜んで支えます。 『オラクルオブザフェアリー』は自然や生きることを愛し、魔法を信じる人のためのツールです。人生を形作る要素は、目に見えるものだけではありません。それを理解しているすべての人のためのカードです。地球を愛し思いやる気持ちがあるなら、魔法と奇跡が現実となる世界に踏み込んでいく過程で、共鳴を感じていただけるでしょう。 『オラクルオブザフェアリー』は、妖精の世界のインスピレーションに満ちたわかりやすいメッセージをもたらし、日々の生活に実践的な方法で活かしていけるよう、みなさんを優しく導きます。美しいイラストと、ものごとの本質を見抜く妖精の知恵を通してインスピレーションと勇気が与えられ、妖精たちとの絆を育む道をゆっくりと確実に進んでいくことができるでしょう。目的は、癒しと願望を実現することです。すべてのカードが妖精の魔法とエネルギーで満ち、みなさんが自分らしく生きること、妖精たちとつながることを可能にします。ほかの人に対するリーディングを行うときは、必ず承諾を得てください。 『オラクルオブザフェアリー』はいかなる状況、いかなる質問に対しても解決策とインスピレーションを与えてくれます。ガイドブックで紹介するスプレッドを使ってリーディングを行ってください。ポジティブで実用的な妖精の導き、ものごとの本質を見抜く力がもたらされ、リーディングを受ける人が宿す独自のエネルギーや個人的な状況に直接的な形でつながっていくでしょう。 このカードを創っている間、妖精たちは私を導き、インスピレーションを与えてくれました。夜遅くに文章を書いているときは、遠くから聞こえてくるフクロウの鳴き声に宿る英知を込めました。妖精たちは、真夜中でも朝方でも私を起こし、カードに盛り込まれるべきインスピレーションとメッセージを知らせてくれました。私は、ごく自然な姿勢で従いました。妖精のエネルギーと英知を伝える媒体となれることに、大きな満足と喜びを感じています。みなさんも、『オラクルオブザフェアリー』とつながりながらリーディングを行い、私と同じように感じていただきたいと心から願っています。 ● カードについて 『オラクルオブザフェアリー』は妖精たちとつながり、古代の英知に調和していく過程を助ける 44枚のカードから成ります。 カードを使っているとき、過ちは起きません。起こりえないのです。それぞれのカードがもたらすメッセージに、耳を傾けるべき要素が盛り込まれています。そして、メッセージはもたらされるべきときにもたらされます。すべてのメッセージは明確な形で伝えられますが、自分で解釈するための余地が残されます。ビギナーから経験豊富なベテランまで、リーディングのスキルのレベルに関係なく、どなたにも簡単に使っていただけるカードです。厳密なルールはありません。それが妖精の国の素晴らしさであり、楽しさでもあります。これを知れば、カードに触れる楽しさと自由さの感覚がさらに深まるでしょう。固定観念にとらわれることなく、夢が生まれ、すべてが可能となる自由で自然な妖精の世界で思い通りに動き回る準備を整えましょう。 『オラクルオブザフェアリー』は、妖精の魔法と英知から生まれました。手に取るたびに、すべての存在(もちろん妖精も含まれます)の至高の善のために優しい魔法が解き放たれます。 ○ カードを最大限に活かす方法 『オラクルオブザフェアリー』がもたらす恵みを最高の形で受けるためには、まず精神を浄化し、妖精の世界を占める魔法の可能性に対して心を大きく開いてください。妖精に対する先入観や思い込みはすべて捨て、カードと共に過ごす素晴らしい旅に出る準備を整えましょう。フェイ(fae=妖精たちのコミュニティ)と触れ合うときは、すべてが上下逆さ、すべて内側と外側が逆、そしてすべてがはっきりとした判断を下しにくい状態になることを忘れないでください。何でも受け容れる気持ちを作り、リーディングの過程で体験する美しく活力にあふれる妖精のエネルギーと接してください。 それぞれのカードが、妖精の魔法とエネルギーで満ちています。ご自分自身、そしてリーディングを受ける人たちにとって特別な意味を宿し、特別なメッセージをもたらしてくれるでしょう。カードとの絆を深めていくにつれ、置かれている状況に最もふさわしいカードが現れるようになります。あるいは、文字通りカードが箱から飛び出すこともあるでしょう。心を大きく開き、予期せぬ状況を思い描いて、自然界の魔法と愛を体現する妖精たちとの美しいつながりを育んでいく過程を楽しんでください。 瞑想するときや妖精たちと一緒にリーディングを行うときは、サイキック・プロテクション(霊的守護)を使うことを忘れないでください。妖精たちはときどき、地球環境を大切にしない人たちに対していたずらをしかけることがあるので、地球と自分との関係には常に注意を払ってください。リサイクルを意識し、有害な家庭用化学製品や殺虫剤を使った果物・野菜を買わないようにしてください。化学製品や殺虫剤は海水や土壌を傷つけます。守護の方法に関しては後述します。 妖精たちは、さまざまな社会分野で悪評を受け続けてきました。でも私は、妖精たちが聖なるものによって創り出され、特別の目的を持たされていると思っています。地球の近くにいるのでエゴが生まれ、それゆえ人間とよく似た形でスピリチュアルな進化を続けているのです。 妖精の導きが込められたメッセージに心を開くとき、妖精たちと同じ感覚で、私たちが住む星への優しい接し方が育まれていくでしょう。そして、かすかな ――かすかではないときもありますが―― 妖精のエネルギーが生活のさまざまな側面に作用することにも気づくでしょう。楽しく感じることが多くなり、オーラの輝きが増し、足どりも軽くなるかもしれません。 ○ カードとの絆を生む 自分が使うカードとの絆を生むことで、直感を基にした解釈を行い、リーディングの内容を信頼できるようになるでしょう。リーディングに厳密なルールはありません。本能を信じ、心の声に従いましょう。カードに触れる機会を可能な限り多くするよう心がければ、自分だけのエネルギーをカードに刷り込むことができます。それに伴ってリーディングに共鳴を感じるようになります。妖精たちの太古の英知が反映され、表現され、より個人的な体験となり、自分の内側でも日常生活においても実現していくでしょう。 実際にカードを見る前に、いかなるものであれ外から入ったエネルギーを取り除くために浄化を行うのがよいでしょう。ホワイトセージの葉を燃やしてその煙をカードにあてるか、ホワイトセージの葉のエキスのスプレーを使うのがよいでしょう。スプレーは専門店で買い求めることができます。カードを浄化することによって出発点としての基盤を明確にすることができます。そこからカードとの関係を築いていってください。 次に、カードを1枚ずつ見ていきましょう。1枚ずつ手に取って、よく見ます。視覚を媒体としたつながりを意識しましょう。目は心の窓といわれます。カードの美しいイラストをよく見て、そのエネルギーを魂に伝えていきましょう。 視覚を通してカードとつながったら、数回から気が済むまでシャッフルします。最初のリーディングを行う前に、自分の意図をカードに込めておくのがよいでしょう。よいと感じるタイミングで、次のような言葉を唱えてカードを浄めましょう。 ── 妖精たち。私の言葉に耳を傾けてください。このカードを媒体として、妖精の世界を含むすべての存在にとって至高の善のために私と共にいてくれることを心から願います。愛と優しさと共に、この体験、そして魔法に満ちた妖精のエネルギーに対して心を大きく開く私を導いてください。── 自分なりの言葉でもかまいません。心で生まれる、創造性に満ちた言葉が流れ出るままにしましょう。望むなら、歌ってもよいでしょう。ルールはありません。魔法に満ちた特別な関係を生み出す過程は、完全に自由です。意図が純粋である限り、脈絡がない言葉づかいでもよいのです。妖精たちは純粋さを感じ取り、それに反応します。韻を踏んだ文章や詩、あるいは歌を通してインスピレーションがもたらされるでしょう。最も大切なのは、自然で愛に満ちた関係を感じ取ることです。新しい友だちのように、カードに接してください。必要なアドバイスを与えてもらえるよう頼み、愛と信頼に基づきながら友情を育んでいきましょう。リーディングを行うときは、こうした姿勢を忘れないでください。何にもまして、過程を楽しみ、時間をかけてカードとの絆が自然な形で育まれるようにしましょう。 準備ができたら、リーディングを始めましょう。 ● リーディングの方法 ○ リーディングの場を整える リーディングを行う前に、それにふさわしい空気を創り出すことが大切です。誰にも邪魔されない静かな場所を選んでください。穏やかな雰囲気を生むために、音楽をかけてもよいでしょう。妖精は優しい音楽に包まれるのを好みます。ベルや笛、ハープの音が含まれるものが特によいでしょう。妖精はまた、花などの甘い香りが大好きです。妖精の好みを意識しましょう。ディフューザーにバラやスイカズラ、あるいはラベンダーなどのエッセンシャルオイルを入れて使うのもよいでしょう。自分もリラックスできて、ものごとを受け容れやすい気持ちを作りやすくなります。 リーディングのときにカードを置くための特別な「オラクル・クロス」を使うのもよいかもしれません。クロスを敷くことが気持ちを作り、直感を高めていくための大切な儀式になるでしょう。新しいカード専用のオラクル・クロスを準備しましょう。感触の良い素材を選び、ヘシアン(粗い目の厚い麻布)やコットン、あるいは光沢がある鮮やかな色の布がよいでしょう。スピリチュアリティにおいても心理面においても、魔法のクロスを敷くことがリーディングに不可欠なステージに思えてくるはずです。 ○ 愛に満ちた空間を創り出す これで舞台は整いました。次は、リーディングに向けて自分の準備を整えていきましょう。 1.楽な姿勢になります。座るのは椅子でも床の上でもかまいません。 2.深呼吸を3回繰り返します。息を吸い込むときは、純粋な愛と光を体の中にとりこむことをイメージしましょう。吐き出すときは、心配事や気になることをすべて体の外に出すことをイメージします。力まかせにしてはいけません。正しいと感じられる方法で、優しく吐き出しましょう。 3.3回深呼吸をした後は、普通のペースの呼吸に戻します。ただ、愛を吸い込み、吐き出すことに意識を向けましょう。 4.自分で正しいと思えるまで、そして自分の内側も外側も愛で満たされていることを感じられるまで呼吸を続けます。 ○ 自分を守り、揺らがずにいる 妖精たちとの協力で生まれるエネルギーが気持ちを高め、軽くすることはよくあります。ただ、それに飲み込まれるような感覚に陥ることもあります。リーディングの間最高の状態を保つために、揺らがないでいる自分を意識しなければなりません。揺るがず、落ち着いていればそれだけ、精神と直感の働きがよくなります。 ○ 落ち着いた状態でいるための簡単なテクニック 自分の脊柱の一番下から木の根が伸び、地中深くまで届いているところをイメージしてください。樹木は私たちの仲間で、地上界と妖精の世界を物理的な形でつなぐものです。強く、揺らぐことがない樹木が、リーディングの間しっかりと支えてくれるでしょう。 気持ちを落ち着かせるための方法は、ほかにも見つかるかもしれません。自分に合っていると思うものを選びましょう。自分の魂と共鳴するものは、自分にしかわかりません。 ○ サイキック・プロテクション サイキック(スピリチュアル)・プロテクションは、一種の予防策です。カードを扱いながら妖精のエネルギーとつながっている間は、何の心配も感じないでいることができます。自分を大きく開くときも、望まない存在とつながることがない事実を知っていれば安心できるでしょう。自分の中に受け容れるのは、光と愛のエネルギーだけです。車を運転するときはシートベルトをします。サイキック・プロテクションも同じです。必要はないかもしれませんが、いつでも使える状態にあります。リーディングの前に、こうした側面においても準備を整えておくのはとてもよい習慣です。以下に紹介する方法から、ひとつ選んでみてください。 ★ 黄金のマント 美しく輝く黄金のフード付きのマントを思い浮かべ、それをまとっている自分の姿をイメージしてください。フードを頭から外しながら、以下の言葉を唱えましょう。 ── 私は、身を守るためにこの黄金のマントを身に着けている。妖精の世界とつながりながらカードを扱っている間、私はこのマントに守られる。この黄金のマントは愛と調和のエネルギーだけを受け容れ、私が望まないすべてのエネルギーを弾いてくれる。私は今、守られている。── ★ 守護の卵 自分が、卵の形をした虹色の光に包まれているところを想像してください。体全体が入るほどの大きさです。きらめく卵の殻が破られることはありません。殻を通すのは愛と光だけです。虹色の光の卵の中にいる間は安全で愛され、霊的側面からも守られています。 ★ ガイドに来てもらう スピリチュアルガイドやフェアリーガイドとすでにつながっているなら、そばに来てもらいましょう。一歩踏み出して、愛と光の輪で囲んでくれるよう頼みましょう。輪の中に入って来られるのは、愛する気持ちだけです。必要としないエネルギーが入って来ないよう頼んでください。そして、これがすでに行われていることを知ってください。 カードに慣れていくにしたがって、協力してくれる新しいフェアリーガイドと出会うことになるかもしれません。リーディングに邪魔になるエネルギーを遠ざけてくれるフェアリークイーンでしょう。覚えておいていただきたいことがあります。このカードを使ってリーディングを行うとき、ガイドの助けが必ず必要なわけではありません。 ★ 守護天使 守護天使とは、肉体を持って地球で生きている間ずっと見守ることだけを役割とする天使界の住人です。守護天使はみなさんがこの世に生まれ出てくる前からみなさんを守ることを自らの任務としており、生きている間ずっと守り続けます。自分の守護天使が誰かを知っていて、すでに絆を育んでいる人たちもいます。そうではない人たちにとっては、守護天使に直接頼むことが最初のコンタクトを取る方法となります。大きな声で語りかけても、脳裏に思い浮かべるだけでもかまいません。 ── 私の守護天使。より深いつながりを生むことができるよう、そしてより明確な形のコミュニケーションが取れるよう、どうかあなたの存在を知ることができるようにしてください。あなたが近くにいるというサインを送ってください。── リーディングを行う間のサイキック・プロテクションのために守護天使、あるいは大天使にそばに来てもらいたいと思う人がいるかもしれません。たとえば大天使ミカエルに対し、リーディングを行っている間自分の聖なる空間を守ってくれるよう頼む人がいるかもしれません。大天使ミカエルが甲冑(かっちゅう)をまとい、白い翼で包まれている自分の姿をイメージしてください。安全であること、守られていること、そして力の強い守護者がすぐそばにいてくれることを知ってください。 ● スプレッドについて 以下に紹介するスプレッド=カードの並べ方が、リーディングの過程で生まれる特定の疑問に答えをもたらしてくれます。ごく簡単なワンカード・リーディングから、12枚のカードを使ってより深い情報を得ることができる「フェアリーリング」まで、さまざまな種類があります。カードに十分慣れた後は、自分のオリジナルのスプレッドを創り出すこともできるでしょう。どのスプレッドを使うにせよ、リーディングを行うときは心を大きく開いて引いたカードを見ましょう。希望や願いをカードの解釈に投影してしまうような姿勢は避けましょう。 カードが文字通り飛び出してくることがあるかもしれません。数が2枚以上であることも考えられます。こうしたことが起きたときは、カードの意味の重要性が強調されるので、特に注意してください。たとえば「インスピレーション」と「ものごとを実現させる」のカードが一緒に飛び出したら、それぞれのカードのメッセージがそれぞれのカードのエネルギーによって強められます。 リーディングの前、そして後は、すべてのカードを箱の中にしまっておくことを忘れないでください。 ○「ナウ」リーディング このワンカード・リーディングは、現在置かれている状況において、ものごとの本質を見きわめる力を得られるようにするものです。 状況について考えながらカードをシャッフルします。よいと思ったところで手を止めてカードを1枚引き、それを裏向きのまま目の前に置きます。このカードはしばしば、疑問や状況の目に見えない部分を明らかにします。驚かされることがあるかもしれません。カードはそれを引いた人のその時点でのエネルギーを象徴します。カードに記されたメッセージが、置かれている状況のエネルギーを明らかにするための媒体として機能します。納得いくまで何度もカードを引き、答えを受け取ることができます。 ○ 過去・現在・未来 簡単なスリーカード・スプレッドで、過去と現在、そして未来にかかわるエネルギーを明らかにします。 [図1] リーディングの性質に集中しながらカードをシャッフルします。よいと思ったところで手を止め、カードを3枚選んで裏向きのまま、左から右へ目の前に並べていきます。これらのカードが過去と現在、そして未来を表します。メッセージを受けたいと思う時制の順番でカードを表向きにしていきましょう。未来の位置にあるカードを表向きにするときは、未来の出来事は起きると決まっているわけではなく、自分の行いしだいで変わることを忘れないでください。 ○ フェアリースター このスプレッドは、7つの頂点を持つフェアリースターの形を基にしています。フェアリースターでリーディングを行うときは、シャッフルする前にひとつの質問を決めることに意識を集中させておくことが重要です(より広い範囲に対するリーディングを行うときは、正しいと思うタイミングで質問を思い浮かべてください)。質問の内容を決めたら、カードをシャッフルして、カードを時計回りに7枚、7つの頂点がある星の形に並べていきます。 [図2] それぞれの位置のカードに異なる意味があります。頂点から始まって時計回りに進みながら、以下のような意味となります。 1.リーディングの時点でのあなた自身、そしてあなたを包むエネルギー 2.あなたの質問全般に宿るエネルギー 3.あなたの質問の裏側にある無意識的あるいは意識的なエネルギー 4.起こす必要があるすべての行動 5.注意すべき障害 6.あなたのスピリチュアルな成長 7.あなたの質問に対してもたらされる可能性がある結果(リーディングの時点でのエネルギーが判断の基準となります。ただ、今の状況のまま将来起こす行動によって、異なる結果がもたらされるかもしれません) ○ フェアリーリング より詳しいリーディングを行いたいと感じているなら、このスプレッドがぴったりです。12ヵ月のひとつひとつの月に触れながら、1年の見通しを立てるのにも適しています。 カードをシャッフルし、正しいと感じるタイミングで手を止め、12枚のカードを円の形に並べていきます。方向は時計回りです。 最初のカード(円の頂点に置くカード)が1月で、2月、3月と時計回りに続いていきます。置いたカードは1枚ずつ順に表向きにしていき、それぞれの月のエネルギーを読み取りましょう。特に明らかにしたいことがある月に関しては、カードをさらに1枚引いてください。そのカードがもたらすメッセージによって、より深い解釈ができるでしょう。フェアリーリングのリーディングはいつ行ってもかまいませんが、理想的なペースは年に1回です。 [図3] ○ 最初のリーディング リーディングに使うスプレッドを選び、よくシャッフルしてください。リーディングには、どんなに時間がかかってもかまいません。自分の感情を意識し、カードの感触を確認してください。妖精たちがカードを通して明らかにするメッセージを受け取りながら、リーディングという体験を楽しみ、味わってください。カードの意味を解釈するときは、自分に対してもほかの人に対しても率直であることが大切です。私たち人間は、自分の「完全ではない面」から目を背けがちです。でも、ポジティブな面ともネガティブな面とも誠実に向かい合うことで、リーディングにより深い洞察力がもたらされるのです。エゴの介入を許してしまうと、解釈に誤解が生まれます。リーディングを行うときは、気をつけてください。 妖精たちは喜びに満ちた存在で、生きることを楽しみ、愛と楽しさを広めるよう、私たちに望んでいます。世界をよりよい場所にして、愛と光の道を創っていくことが、妖精たちの思いに適った目的なのです。 ○ カードのほかの使い方 当然ながら、このカードの主な使い道は自分やほかの人たちに対してリーディングを行うことです。ただ、『オラクルオブザフェアリー』を手にすると創造性が高まり、妖精のエネルギーをほかの方法で活かしていきたくなるかもしれません。たとえば、何かを実現させようと懸命になっている状態にあるなら「ものごとを実現させる」のカードを持ち歩くことができます。傷まないようしおりとして使ったり、願いや祈りに集中するための場所として作る妖精の祭壇に飾ったりするのがよいでしょう。祭壇に妖精のフィギュアやクリスタルを飾っておくこともできます。意識的であれ無意識であれ、飾ってあるカードを目にするたびにものごとを実現させる過程のエネルギーを思い出し、強めていくことができます。これは、すべてのカードに当てはまります。余裕があれば『オラクルオブザフェアリー』をもう1セット買って、創造的な行いに使うための専用のカードにしてください。別のセットはリーディングに使いましょう。 創造性を発揮し、直感とインスピレーションを働かせましょう。結局、妖精の世界とかかわっていく上で大切なのは遊び心です。堅苦しくなく、楽しい体験であるべきなのです。そしてみなさんが妖精たちと調和しながら創っていく旅が、地球とよりよく調和することにつながります。この行いは善きこと以外の何ものでもなく、すべての存在にとって至高の善となりえます。 ーーーアーティストについてーーー ○ ジンジャー・ケリー 本名ローレン・ケリー・スモール。手描きとコンピュータグラフィックでさまざまな妖精を表現する作風で知られる。幻想的な背景に写実的な人物を組み合わせる手法が得意。伝説と神話に基づく題材が多く、森の妖精やユニコーン、ドリュアス、人魚、水の精といったテーマを好む。 オーストラリア、ニューサウス・ウェールズ州在住。同居しているのはテリアのトビー、ウサギのシストルとパスカル。 ーーー著者についてーーー ○ カレン・ケイ 「フェアリー・レディ」として知られ、長年にわたって妖精たちと強い絆で結ばれている。毎年イギリスのコーンウォールで開かれる「スリー・ウィッシュズ・フェアリー・フェスティバル」というイベントを主催し、『FAE マガジン』の編集長を務める。『ソウル&スピリット・マガジン』でもコラムを連載中。元『BBC ニュース』編集担当。 自然を心から愛し、祖母の家の庭で子どもの頃から妖精との絆を育み、花の妖精のためにバラの花びらで香水を作っていた。シンガー/ミュージシャンとしても活動しており、地元コーンウォールでパートナーとのマイケル・ティングルと共にフェアリー・ミュージックのコンサートを開いている。

レビュー

レビューはまだありません。

“オラクルオブザフェアリー” の口コミを投稿します