クイーンオブザムーンオラクル

¥1,600

商品カテゴリー:

説明

● 序文 私は長年にわたって、月と季節のサイクルについて執筆し、それ以前からペイガン(地球を大切にするスピリチュアルな生き方の実践者)として活動してきました。当然ながら、私の仕事において月のエネルギーは重要な役割を担っています。はるか昔のヨーロッパから北極、南アメリカのジャングルからオーストラリアの先住民や太平洋のポリネシア人にいたるまで、古代のペイガンの祖先たちにとって月のエネルギーが重要な役割を持っていたのと同様に。 私は子どもの頃から、空に輝く大きな球体に魅せられ、庭の柔らかい草の上にペットの犬や猫と裸足で寝そべりながら月の出を待ちわびたものです。今夜の月はどんな形だろう、両親が教えてくれた微笑む灰色の顔の「月の男」が見えるだろうかと大いに期待しました。糸のように細い月しか夜空にないときでも、両親に呼ばれるまで外にいて、きらめく夜空を背景に光を放つその月にほとんど夢見心地でした。空がもう少し明るい夜には、静かにしていると、運が良ければ、フクロウ、フクロネズミ、オオコウモリといった夜行性動物が動き回る様子が見られました。 成長してからは、古代の神話や絵画から、月の神と女神の存在を知りました。しかも月の神と女神は「月の男」のようにただそこにいるのではなく、月の相が変化するように私たちの変容を助けてくれるというのです。そのような素晴らしい女王や王や神や女神は模範を示しながら私たちを導き、同じエネルギーの魔法を私たちも使うよう働きかけてくれます。 それから何十年もたった今でも、私は裸足のまま同じ月を眺めています。私の驚嘆は衰えるどころかいっそう強まり、今では、季節と月の優しい周期に自分自身を調和させることはどれほど有益かをダイレクトに感じています。 また、ダークムーンの頃と月が欠けていくサイクルのときは、いらないものを手放し、重荷を下ろし、休息・回復する時期であることに気づきました。さらに、月が満ちて満月になっていくサイクルのときには、エネルギーの磁力に従って、計画、育成、到達、引き寄せ、創造といった行動を取ります。習慣的な繰り返しやリズム、そして流れに乗ることで、私はより健康になり、心は穏やかでありながら鋭敏になり、作品の創造性は高まり、良いことには時間がかかるということの意味がわかるようになりました。 このオラクルデッキが、あなたにとって、役立つツール、ポジティブな変化へのきっかけ、魔法のように神秘的な自然のサイクルに調和する手段になり、私と同じように、あなたも月のポジティブなパワーを体験されることを期待します。 ● はじめに 月の特別さはどこから来ているのでしょう。人類が自我意識を獲得し、二本足で立ち上がって以来、人間を惹きつけてやまない月の魅力とは何でしょう。あの夜空に輝く銀色の球体の何が、スピリチュアルな面でも精神的・身体的な面でも私たちを惹きつけるのでしょうか。 まずは当然ながら、その美しさ。とりわけ満月の頃のうっとりするほどの美しさは格別です。満月の美しさは誰もが認めるところですが、その揺るぎない影響はかなり複雑だと思います。結局のところ、月はいろいろな意味で非常にパワフルであることに私たちは気づいているのです。 人間は、月の下で吠えることはなくても、月の影響を受けている生き物です。女性の排卵周期は月の周期(27日または 28日)と一致しますし、満月やダークムーンのときに出産が起こりやすいこともわかっています。月が海の潮流や他の水域に影響を与えている以上、人間の身体がほとんど水分で構成されていることを思えば、月が個々人の身体の水分に影響を与えないはずはないでしょう。私たちの体重から気分までを含むすべて、そして植物が土の水分量に高い依存性を持つことを思えば、作物(食糧)の成長にとっても、月の影響がないはずがありません。 長年の知識によれば、月は人のサイキック能力と無意識に(それゆえ夢の状態にも)様々な影響を与えると言われています。無意識は、私たちを目標達成と夢の実現へと向かわせる心の一部。湧き起こるアイデアの源泉であり、創造性の源です。無意識は象徴との関係が深いことから、月の定周期の力に影響されているはずです。 月への敬意あるいは月の象徴としての使用が、イスラム教をはじめ無数の土地固有の信仰や現代のペイガニズムにいたるまでの様々な精神的訓練に採り込まれてきました。 永遠に続く月の刷新の周期とその外向・内向の強いエネルギーにより、月は深いつながりをもたらすとともに、私たちのサイキック能力の開花を促進させてくれます。霊能力者の多くが、霊能力のさらなる開花と拡大、限界領域の拡張をめざして、満月のみなぎるエネルギーを活用しています。また、ダークムーンや新月の内向的で優しく深みのあるエネルギーを、サイキックスキルの深化やアストラルトラベル(幽体離脱)のような霊的探索を行うために活用している霊能力者もいます。 以下に、月相についての簡略な説明と、各月相が無意識や鋭敏な霊的自己に与える影響をまとめておきます。 ○ 満月 ・ 夜空に月が満ちています。 ・ 完全なエネルギー! ・ 眠れなくなったり、逆に特別に深く眠ったりするときです。 ・ 夢は普段より明晰になり、思い出しやすくなります。 ・ 満月の間に思いを心に念じれば、効果の高い結果が出るでしょう。あらゆるタイプの引き寄せの魔法に最適のときです。 ・ あなたが進むべき道や人生の目的を探索するのにうってつけのとき。 ・ サイキックな手腕が高まりやすいときです。 ○ 欠けていく月 ・ 夜空の月が欠けていきます。満月の後から新月の前までの月です。 ・ エネルギーは減少していきます。 ・ 役に立たなくなったものを捨てたり、障害を取り除くという目的にフォーカスするのに良いときです。 ・ 悪癖・悪習や制限的・否定的な考えを捨てるのに最適のときです。 ○ ダークムーンや新月 ・ 夜空に月は見えません。 ・ 昔から、内省と休息のときです。 ・ 心の平安と創造的な流れを求めるのに良いときです。 ・ 経験豊かな実践家は、この深みのあるエネルギーをパワフルなヒーリングに用いることができます。 ・ サイキックなスキルが高まるときです。 ○ 満ちていく月 ・ 夜空の月がだんだん丸くなっていきます。新月の後から満月の前までの月です。 ・ エネルギーが増加し拡張していきます。 ・ 成長および自分が望むことに向けて行動する目的に照準を合わせるのに最適のとき。 ・ より多くのお金や、よりポジティブな人間関係や、より良い健康を願うのに最適の素晴らしいときです。 ・ 繁栄や成功を願う魔法にぴったりの素晴らしいとき。 ・ 身体的活力や、昇給や、転職や、より良い評価を求めるのに最適の期間です。 月、とりわけ満月とダークムーンという両極の月相を持つ月の周期が、私たちの昼間の活動に様々な影響を与えていると、ほとんどの人は聞いたことがあるはずです。科学界では、月の影響は本物で、実際に測れるかどうか議論の最中ですが、スピリチュアルなことに関心を持つ人々は、月の周期が実際に人間に影響を与えていることを昔からよく知っていました。 例えば、地球の磁場が月相によって変化することは科学的に断定されていますが、同様の影響が人間の身体や能力にも及ぶことについての研究はなおざりにされてきました。 けれども、おそらく最も大きい生理学的影響を与えるのは、満月の強烈な光に対する身体の反応です。大昔には、電灯などなく、夜は当然暗いものだったため、身体を月のサイクルに調和させやすかったといえます。現代ではそのように身体を調整するのは難しくなっています。 睡眠中に夢を見ているときには、REM 睡眠が起こっています。もし満月の強い光とエネルギーに攪乱されたら、夢の途中で目が覚めて、普段よりたやすくその夢を思い出すことができるでしょう。まったく眠れないか、あるいは逆に深く眠ることもあり、夢の質と量が強く影響を受けます。シャーマンの多くは旅に出かけるのに満月を選び、アマゾン民族は、魂を洗い清めるために満月の夜に疲れ果てるまで激しく走り続けたと言われています。現代の魔女は満月の日を安息日と定め、また多くの魔女たちは満月とダークムーンのときに予言的な夢占いを行います。 月のメタフィジカルな効果を受け入れがたい人もいるでしょうが、月とのつながりに関心を示す現代人は増えてきています。目撃できる日食や月食が近づくたびにメディアはニュースに取り上げ、スーパームーンだといえば友だちと一緒にブランケットを持って観測に出かけます。意識しようとしまいと、私たちは、この美しい超越したものを眺めることを楽しんでいるのです。畏敬の念を起こさせるほど素晴らしい月は、疲れきったコンピュータ中毒者である私たちに多くの恵みを与えてくれます。 ● 作者による注記 ・ 私はこのカードデッキを、27.3日の恒星周期(月が地球周回軌道をひと回りする時間)に基づいて製作しました。魔女の慣例に従って、私も数値の端数を切り上げました。 ・ 読者の中には、29.5日の朔望周期(新月から次の新月までを含めた月の一周期)をご存じの方もいらっしゃるかもしれません。 ・ 天文学では、新月、満ちていくクレセントムーン(細い月)、上弦の月、満ちていくギボスムーン(丸みを帯びた月)、満月、欠けていくギボスムーン、下弦の月、欠けていくクレセントムーンという8つの主要な月相があります。 ・ 伝統的な魔術において、月の周期はダークムーンに始まることから、このカードデッキもそれに準じて作製しています。 ● カードの使い方 ※ 以下、カード版のみで実行可能な内容が含まれておりますが、そのまま掲出しております。また、アプリ版に合わせ、一部表現を変更している箇所がございます。予めご了承ください。 このデッキをリーディングに使うにあたり、まずカードを清めることから始めましょう。どのようにしようか決めていない場合は、以下でで紹介している簡単な儀式を参考にしてください。そのような儀式を行うと、カードが活性化され、月や季節のエネルギーとつながりやすくなるばかりか、カードが意図するものを理解しやすくなります。 次に、すべてのカードを、テーブルか床か、もっと良いのは、地面の上に広げましょう。深呼吸をしてリラックスしましょう。カード全体を優しい眼差しで眺め、心引かれるカードがあるかどうか感じてください。目に飛び込んでくるカードや、あなたに語りかけているようなカードがありますか。 私はこの方法をパンテオン法と呼んでいます。そのようなカードは、今まさにあなたが生活に取り入れるべき月相や見地、あるいはあなたの成長を後押しするようなテーマなどを表しています。あなたはそれらのカードに引きつけられ、カードがあなたの手のなかに飛び込んでくるように感じるかもしれません。 そのようなカードに注意し、示唆されたことに対して行動を起こしましょう。 さらに、デッキには3種類のカードがあることを知ってください。 ・ 月の周期カード:ダークムーンから始まる月の一周期(1から 28 までのカード) ・ 季節の月カード:ラコタ民族(北アメリカ先住民族)の命名によるもの。世代から世代へと受け継がれ、18世紀初頭の大衆文化に組み込まれたアメリカ先住民の言葉です(29 から 40 までのカード) ・ その他の月に関係するカード:神と天文学に関するカード(41 から 44 までのカード) このデッキは、すべてのカードを使ってガイダンスを得るのもよし、月のカードだけ、あるいは月と季節のカードだけの使用でもよく、あなたの好きなように使っていただけます。 また、リーディングや予言的なメッセージを受け取るための方法をいくつか挙げておきますので、試してみてください。 ○ 1枚引き リーディングの最も簡単な方法です。呼吸をととのえ、カードをシャッフルしながらガイダンスを求め、カードを1枚だけ引きます。古代の人々のように、毎日行うのもいいかもしれません。 引いたカードの絵について瞑想し、その絵が語りかけることに耳を傾けましょう。引いたカードをその日のガイド役として使うとよいでしょう。 ○ 満月の3枚引き 女性は、象徴的な意味において月と深い関係にあるので、このスプレッドを、月の出や夕暮れ時、真夜中に使ってみてください。 [fig1] カード1は問題や質問の核心。カード2は課題。カード3が解決法です。 ○ 4元素のスプレッド(カード版のみ) このスプレッドの4枚のカードは4つの元素と対応しています。 [fig2] カード1:「 地」。真の問題は何か。 カード2:「 風」。知力とコミュニケーションを用いて、その問題をどのように解決できるか。 カード3:「 火」。その結果、どのような感情が表れたり、解き放ったりできるか。 カード4:「 水」。どのようにしてこの問題から立ち直り、次の段階に移行できるか。 ○ 伝統的な7枚のスプレッド(カード版のみ) カードをシャッフルして、7枚を円形に並べます。 カード1:現在の状況 カード2:その状況を招いた原因 カード3:問題の解決を阻む要因 カード4:解決するときに起こること カード5:問題解決のための行動 カード6:問題解決のための行動 カード7:問題解決のための行動 [fig3] 変化は単なる偶然では起こりません。問題解決や意図する結果を得るために行動を起こすことは、たとえその行動がささやかなものであったとしても、天とともに創造するプロセスにあなたが同意し、真剣にそれを望んでいることを天に示す合図になります。 ○ 月の全周期のスプレッド(カード版のみ) [fig4] このデッキは、カードを大きな円を描くように並べて、月の周期全体をひと目で見渡せるようにできています。カード1の「ダークムーン」からカード 28 の「欠けていく細い月5」までのカードで、月の一周期が表されます。 上記の1から 28 までのカードを順番に並べ、真ん中の空間は空けておきます。キャンドルを灯し、目と心をリラックスさせましょう。 月相の移り変わりとリズム、すなわち月の満ち欠けや、光と闇のバランスが変化しながら続く様子を把握しながら、月の周期全体を頭に入れましょう。 次に、手元に残ったカードをシャッフルし、尋ねたい質問を心にはっきり思い浮かべます。 カードを3枚引き、円形に並んだカードの中央にできた空間に、その3枚のカードを並べます。 カードA: 質問したことについて理解しておく必要のある最も重要なこと。 カードB: 問題の改善、あるいはポジティブな結果を得るために、あなたが取るべき最も重要な行動。 カードC: 問題の核心にある学びと知恵が示唆されています。行動を起こすことによって生まれるポジティブな結果です。 ○ 季節の月のスプレッド(カード版のみ) [fig5] カード 29 の「ウルフムーン」からカード 40 の「ロングナイトムーン」までのカードを取り出します。この 12枚のカードが季節の月のカードです。このスプレッドは、「新しいパートナーはいつ見つかるかしら」「引っ越しに最適な時期はいつ」「この仕事を終えるのに時間がかかるだろうか」というような、何かのタイミングについて知りたいときにうってつけのスプレッドです。 呼吸をととのえ、心のなかで質問を用意します。不安に思ったり、心配したりしないこと。季節のカードをシャッフルし、質問します。 カード1:あなたの問題のポジティブな面を示します。 カード2: あなたの要望について回る困難さや障害を表します。 カード3:タイミングを示唆しています。 それぞれの季節のカードは、太陰周期/太陰月を大まかに示しています。例えば、カード 29 の「ウルフムーン」は1月を表し、カード 40 の「ロングナイトムーン」は 12月を表しています。 ● カードを清め活性化する儀式 できることなら、戸外へ出ましょう。海辺でも、地面の上でも、空中でもかまいません! ベイリーフか、セージか、フランキンセンスを焚きましょう。燃えてくると、煙とともに芳しい香りが立ちこめます。 カードデッキの箱の上に塩(海塩がベスト)を振りかけ、「私は清め、一新し、守ります」と唱えます。 金色のキャンドルを灯し、次のように言います。 「月と地球と季節を司る宇宙の万能の力が、私とこのカードを祝福してくれますように。この儀式でカードを称え、私はカードを大切にします」 「私は、導きと真実、気づきと明晰さ、強さと、必要なら変化を厭わない勇気を求めます」 次に、カードを箱ごとハーブの煙にくぐらせながらこう言います。 「私は、このカードを自分の善と偉大な善のために捧げます。善いものだけが降りますように。そしてその通りです!」 その後、最初のリーディングを行ってもよいでしょう。高次元のエネルギーがあなたの熱意を聞き取り、同様の反応を返してくれることでしょう。 ─── 作者について ─── ステイシー・デマルコは「現代の魔女」。実際に役立つ魔法を広め、人々に自然とのつながりを深めてもらえるよう情熱を注いでいます。ステイシーは 20年以上にわたって魔術の指導をしています。著作の『Witch in theBoardroom』『Witch in the Bedroom』『The Coffee Oracle』はいずれもベストセラーで、多くの言語に翻訳されています。また、ミディアムのジェイド・スカイとの共著に、『The No Excuses Guide to Soulmates』『The No ExcusesGuide to Uncovering Your Purpose』があります。ステイシーの『Lunar and Seasonal Diary』の北半球版と南半球版が毎年発売されています。 ステイシーは、Natureluster の創始者で、自然が健康に寄与する力を誰もが活用できるよう指導を行っています。また、動物愛護運動家、倫理的養蜂家であり、熱心な冒険旅行家でもあります。シドニーの海岸地域で夫とペットたちと暮らしています。ワークショップの指導や、国内外で人気を博している Wild Souls Naturelusting リトリート開催の他、プライベート・セッションも行っています。 ─── イラストレーターについて ─── キンガ・ブリッチギは、ハンガリー出身のアーティストで、アメリカ人の夫と息子とともに 1995年8月からアメリカに住んでいます。素晴らしい家族の他に、情熱を傾けているものが2つあります。芸術と言語学で、双方の教育にも携わっています。美術の学位を取得していますが、もともとは語学教師としてキャリアをスタートさせ、2カ国語教育の修士号を取得しています。 キンガは、2002年から何年もの間、フォトショップや他のアドビ製品を用いたデジタルアートに関わってきました。多くのクライアントを得て商業グラフィックスの製作に携わり、大いに仕事を楽しんでいます。AdvancedPhotoshop、Photoshop Creative、Practical Photoshop、Digital Studio等、業界専門誌ほかの様々な雑誌にキンガの作品が定期的に掲載されています。キンガの作品の一つである Midsummer Night – Titania は、アドビのクリエイティブクラウドプロジェクトの公式販売促進キャンペーンに採用され、アドビのウェブサイトやポスターや雑誌広告に登場しています。また、キンガの作品はデジタルアートブックとして出版されています。 キンガは、シュールレアリスムや、魔術的リアリズムや、ダークな斬新さを好み、「ストーリー・ピクチャー」や、一見したところ写実的要素を備えるものの、その実、意味を何層にも重ね合わせた超現実的で謎めいた造形画を創作しています。

レビュー

レビューはまだありません。

“クイーンオブザムーンオラクル” の口コミを投稿します