セイクレッドトラベラーオラクルカード

¥1,600

商品カテゴリー:

説明

人生というこの地上の旅に最も深い意味を与えるとしたら、それは一種の巡礼です…私たち全員が魂の旅の仲間なのです。私たちは「さあ学べ、成長せよ」と旅に手招きされて、本物の何か、真実の何かを求めて古代の街道を巡ります。このカードが皆さんの人生の長い道のりに明晰さを与え、運命が用意してくれているものを見つけやすくすることを祈っています。さらに、自分以外にも正確で誠実なリーディングを提供する助けとなりますように。こうして皆さんと旅の一時、心の〝宿〟を共にすることができて嬉しいです。 このオラクルカードの制作は神秘的な体験でした。一枚ずつに意識をフォーカスさせると、まるで自分の人生がカードのエネルギーにぴったり合うように演出されていく感じになるのです。天使たちやスピリットガイドの存在を感じました。例えば、私自身が生活の中から手放すべきものがあると、〝偶然にも〟作業リストで次に取り組むべきカードが「旅にゆだねる」なのです。さらに人生の難局に差し掛かると、〝偶然にも〟リストの次は「袋小路」のカードでした。大事な節目ごとに精霊が自分の傍らにいるのを感じながら、カードを見事に完成させることができました。そこらじゅうに魔法の気配が漂っていました。 このカードを使っていただく時、私が創作過程で味わった魔法のエネルギーが皆さんの中にも流れることを心の底から願っています。一人ひとりの内なる神託(オラクル)が目覚めますように。 私のハートからあなたのハートへ デニス・リン ーーー このデッキの使い方 --- ※ 以下はカード版ガイドブックの内容をアプリ用に編集したものです ● 聖なる旅人 人生というスピリチュアルな探求の道は、多くの不確定要素をはらんでいるかもしれません。でも、そうした一時的な迷いを経ることで人は変容し、癒され、自分と世界により深い愛と気づきをもたらしていくのです。巡礼の旅で遭遇する人々や出来事は水路のように、あなたを神のハートへ、そしてもっと先へと運んでくれるでしょう。道の曲がり角に差し掛かれば、必ず聖なる同伴者が隣に現れてパワフルな助言を与えます。この愛情深い付き添い役こそ、あなたの魂と同種の存在…その名も〝セイクレッドトラベラー(聖なる旅人)〟です。 人によって天使、スピリットガイド、ハイアーセルフ、魂、あるいは創造主とさえ呼ばれる特別な存在ですが、どんな名前でも構いません。とにかくセイクレッドトラベラーはあなたに優れた助言を与え、内面に蓄えられた膨大な英知を引き出させてくれます。絶えず周囲のサイン、シンクロニシティ、シンボルなどの形で囁きかけ、また意識の隅を軽くつつくように、ふと湧いてくる思考で語りかけるでしょう。 時にはそうしたメッセージになかなか気づけず、意味も理解しにくい場合があります。世俗的な心配事や周囲の環境からの雑音がうるさくて、聞き取れないのかもしれません。けれども、このオラクルカードは不思議な自己発見の旅に誘(いざな)ってくれるので、心を静めやすくなるでしょう。雑念をスッキリと片付け、内なる宇宙に直行できる道を開いてくれます。また直感力を活性化して、目的の達成と才能の開花をサポートします。 あなたの人生も、様々な体験も、決して偶然ではありません。すべて計画に基づき、運命が用意されているのです。このオラクルカードを定期的に使っていくと、内なるスピリチュアルな自己と外の世界が調和するようになり、魂の計画の真実がわかってきます。また他者のためにリーディングをすれば、自分とクライアントの双方に深遠な気づきが生まれることでしょう。 あなたの周囲のあらゆる場所に見つかるサインをカードで解釈していけば、宇宙の囁きに気づけるようになってきます。秘密のメッセージを読み解くのは必ずしも簡単ではありませんが、このオラクルカードは異世界からの交信を認識し、理解することを助けるように設計されています。さらに未来の可能性を知り、質問に答え、決断を助け、現在の状況を示すためにも使えます。 人類の歴史上最も古い時代から、先住民が異世界からのサインを使って自分たちの運命を決定してきたという記録が残っています。アフリカでも、中東でも、アジア、インド、インドネシア、南北アメリカ、古代ヨーロッパに至るまで、人々はどの時代にも巫女、神官、賢者、神秘家、ヒーラー、シャーマン、メディスンウーマン、メディスンマンなどに救いを求め、人生についての英知と洞察を得てきました。彼らのような博識な者が神秘の門をくぐって内面世界に分け入り、一見ランダムに思える人生のありように意味をもたらしたのです。しかし、今日では天界とこの世を隔てるベールが以前より薄くなっているため、わざわざ賢者やシャーマンに人生の切実な疑問に答えてもらう必要はありません。あなたにも、かつての賢者たちのように聖なる扉をくぐり、様々な状況への理解を得る能力が生まれつき備わっているのです。「セイクレッドトラベラーはあなたの中に生きている」といっても言い過ぎではありません。 このオラクルカードは出来事、サイン、偶然などの理解を助けるとともに、夜見た夢の意味を分かりやすくしてくれます。また目的の達成と才能の開花のために、直感力を活性化させます。定期的に使っていけば、神秘のベールを超えて聖なる次元に踏み入る能力が高まり、内なるスピリチュアルな自己と外の世界がさらに調和してくるでしょう。 ● このオラクルカードの使い方 各カードが、形ある世界を超えて目に見えない精霊の世界に至る、様々な門の鍵になっています。時間をかけてカードと馴染んでいきましょう。できれば一枚ずつ手に持って、短時間そのエネルギーに波長を合わせてみてください。あるいはベッド脇に置いて、睡眠中に自分とカードがエネルギー的に結びつくようにしても結構です。 実際にリーディングを始める前に、旅の神聖さについて思いをめぐらす時間を取ってください。自分のためであれ人のためであれ、神託を伝える賢者の尊い役割を帯びるのですから、不真面目な態度で行うべきではありません。いい加減なやり方では明確なメッセージが受け取れないでしょう。リーディングには毎回、喜びと敬意を持ち、心を静め、神聖さをよく理解して臨むべきです。そうすれば直感力も強化され、精霊があなたを通して働くための道筋がさらにクリアになるでしょう。 ● 準備をする 1.スペースの浄化: すっきりとしたきれいな部屋の方が、すっきりと明快なリーディングができます。そのための特別な空間を設定しましょう。できれば時間をかけて徹底的に清めてください。まず埃を払い、掃除機をかけ、散らかっていた物を片付けてからスタートすると良いでしょう。また、何らかの形で空間のエネルギー的な浄化をすることも考えてみてください。古い伝統では薬草を焚いた/燃やしたものです(いわゆるスマッジング)。現代ではセージ、シダー、ジュニパー、スイートグラスなどのハーブがよく使われます。ただしハーブを燃やしたくない場合は、鳥の羽根を1枚、あるいは羽根でできた扇を使って儀式的に空間を浄化することもできます。キャンドルを灯しても良いでしょう。世俗的な世界を離れ、聖なる神秘の世界に入りやすくなります。リーディングを行う場所のエネルギーを高めて、神聖な空間を作るのです。 2.センタリング: 気持ちの良い深呼吸を2~3回します。必ず背筋をまっすぐ伸ばし、堂々とした姿勢で座るか、立つかしてください。自分の内面深くに降りていき、神聖な中心を見つけましょう。体内のここにパワーが宿っています。心を静めてください。天界の愛に満ちた力が自分を通して上から下へ流れ、同時に母なる大地の慈愛が自分を通して下から上へ流れていくのをイメージします。あなたは今、天と地の交わる神聖なポイントにいるのです。 3.精霊を呼ぶ: あなた自身が精霊の媒体となることを受け入れましょう。深呼吸を2~3回してから、ハイアーセルフ・天使たち・スピリットガイドたち・先祖の方々に呼びかけ、援助と導きをお願いします。これでリーディングの明晰さとパワーが増すでしょう。流れ込んでくるサポートと愛に対して、あらかじめお礼を言ってください。この部分は、自分のリーディングでも誰かのためのリーディングでも大切です。 4.意図を集中させる: 意図の向かう先にエネルギーも流れます。リーディングにどのような結果を望むのか、自分の中ではっきりさせましょう。深い満足感を望むなら、それにフォーカスしてください。断固とした強さと明晰さを望むなら、それにフォーカスします。意図を心にしっかりと抱きましょう。極めて重要なステップです。 5.聖なる空間を活性化する: 自分が、エネルギーと光でできた神秘的な球体の真ん中にいるのを想像してください。すると、あなたの内と外を取り巻く神聖なドーム状の空間が生まれ、より正確なリーディングのための明晰さをもたらします。リーディングを行っている間、周囲にはエネルギーの輪が形成されます。 6.カードの浄化: リーディングを行ったら、毎回カードを浄化しておくことが有益です。セージかシダーの煙に当ててください。お香も使えます。またはカードに息をそっと吹きかける、軽く指でトントンと叩く(タップ/ノックする)などの方法でもエネルギーをリセットできます。 ● カードを選ぶ 1.手のエネルギーを高める: 気持ちを集中させて意図にフォーカスしながら、両手が温かくなりジンジンしてくるまで、ゆっくりとこすり合わせてください。カードを扱う準備として、手のエネルギーを高めます。 2.カードを愛で満たす: デッキを両手で持ち、ゆっくりと胸の中心に当てます。あなたのハートから発した黄金の光が、カードを明るく照らすのを想像してください。心の中で以下のように唱えましょう。「最善の目的のために、このリーディングで英知と真実が明かされますように…」 3.質問をする: 質問にフォーカスします(あるいはリーディングを受ける側の人に、聞きたい質問に集中してもらいます)。声に出しても、黙って考えるだけでも結構です。その際、リーディングの中でまさに必要な答えが受け取れることを信じましょう。質問はイエスかノーかを問うものではなく、「この状況を解決する最善の方法はなんですか?」のように、もっと自由回答ができる質問にしてください。 4.カードをシャッフルする: カードを繰り返しかき混ぜながら、自分はセンタリングをしたままで、精霊を呼び続けてください。そのあとカードを平らに広げ、両手を上にかざしましょう。 5.カードを選ぶ: 表に返すべきカードのそばに来ると、指がジンジンしたり温かく感じたりするかもしれません。頭で考えないように。すばやく楽に進めてください。できればあまり時間をかけない方が良いでしょう…考えすぎていると、よく時間がかかってしまうのです。直感の力が自然に流れるに任せてください。また、勝手に飛び出してきたようなカードには注意しましょう。決して偶然ではありません。 ● カードを解釈する 1.カードを表に返す: そのときの印象や感情、イメージ、記憶、身体の感覚など、すべての体験に気をつけていてください。自分の中でまず最初に浮かんできた洞察は何ですか? 直感や本能的な反応を信頼しましょう。多くの場合、第一印象が最も正確です。 2.カードを見る: 言葉だけでなく、色やイメージを意識してください。すべてがメッセージを運んできます。直感で、質問に関する意味合いをより深く理解してください。質問と受け取った答えを書きとめておくのも良いでしょう。将来、改めて読み返してみると、さらに深い意味がわかってくることも多いのです。 3.意味を調べる: カードを最初に見た時に答えがすぐ浮かばなければ、このガイドブックを読んでみたくなるかもしれません。各カードの意味が一覧になっています。でも私が提供している意味づけは、ほんの出発点にすぎません(もしガイドブックに書いてある意味が、最初に勘で受け取った答えと異なる場合は、自分の感覚の方を選んでください)。 4.方法を選ぶ: このガイドブックには、カードの使い方を何種類も提案してあります。ただし大事なのは、方法よりもあなたのハートのオープンさです。しっかりと自分の中心にいて、ハートが大きく開かれていれば、カードを1枚引くだけでも必要な答えが得られるでしょう。 ● カードを保管する 1.カードを包む: 理想的には布でくるんでおくと良いでしょう。黒いシルクを使って、エネルギーを中に包み込むようにする人もいれば、白いシルクを使い、次のリーディングに備えてカードを清めておきたい人もいます。あるいは緑や青のウールで包み、カードのエネルギーを安定させるという人もいます。どの色も、どの布地もエネルギーが異なります。自分のカードに何が最適かは直感で決めてください。 2.カードをチャージする: カードを包んだら、水晶など特別な石を1個乗せておきましょう。使っていない間に、こうしてエネルギーを補充するのです。水晶や石はその度に浄化することが重要です(日光に最低4時間当てるか、冷水ですすぐか、ユーカリの精油を塗れば浄化できます)。 3.カードの置き場所: オラクルカードに敬意を表して、きれいに片付いた清潔な場所にしまいましょう(言い換えれば、普段使いの引き出しなどに押し込んではいけません)。理想的には自宅の祭壇やマントルピースの上など、神聖な道具として尊重できる場所に置きたいものです。カードをよく使う人なら、オラクルカード専用の特別な祭壇を作ることも考えてみてください。 ● カードリーディングの方法 ◆ 毎日のスピリチュアルな洞察 今日のカードとして1枚選びましょう。その日に作用している様々な力について理解することができます。また何らかのチャレンジに遭遇したり、決断が求められたりした時に、最善の行動方針を見つける助けにもなります。毎日のカードを引いていけば、太陽の 24時間サイクルに沿って人生を動かしている隠れたエネルギーを肯定することができます。 ◆ 毎月のスピリチュアルな洞察 今月のカードとして1枚選びましょう。満月ごとに引くか、新月ごとに引くかを決めてください。その月に作用している様々な力について理解することができます。また何らかのチャレンジに遭遇したり、決断が求められたりしたら、最善の行動方針を見つける助けにもなります。毎月のカードを引いていけば、月の 28日間サイクルに沿って人生を動かしている全般的なエネルギーを肯定することができます。 ◆ 1枚引きのリーディング このオラクルカードの一番簡単な使い方は、カードを1枚引いて単独の問題を検討するか、特定の質問に答える方法です。リーディングの中で投げかけてみたい質問を以下に挙げておきましょう。 ・ もし、このカードの隠されたメッセージが自分にわかるとしたら、それは何か? ・ この状況をポジティブな形で解決するために、どのような内面的/外面的な行動方針が提示されているか? ・ 可能な限り最高の形で解決するには、自分の中にどのような資質を育て、伸ばす必要があるか? ・ この悩み事を解消するため、最大の味方になってくれるものは何か?         ・ 自分は何に取り組む必要があるのか? ・ 自分は何を癒す必要があるのか? ・ どのようなメッセージが来ているか、それはなぜか? ◆3枚引きのリーディング 人生の特定分野に注意を向ける必要がある場合、このオラクルカードは最も適切な進み方について理解させてくれます。カードを3枚選び、絵柄を伏せて左から右へ並べてください。1枚ずつ表に返しながら、精霊のメッセージを明らかにしましょう。 第1のカード〜癒すべきもの〜: 左のカードは〝ブロックのカード〟と呼ばれ、妨げられているものを示します。課題をクリアするにはこれを解決しなければなりません。例えば「道を拓く」のカードが出たら、邪魔が入って先へ進めなくなっているか、行動を起こすのが怖くて前進できないのかもしれません。もしも「夜明け」という新しい始まりを示すカードが出たら、古いものを手放して再出発するのが不安なのかもしれません。新しい始まりが自分の人生にとって何を意味するのか、おそらく心配になっているのでしょう。 第2のカード〜ブロックをどう癒すか〜: 真ん中のカードはスピリチュアルな道具を表し(別名〝癒しのカード〟)、障害を乗り越える助けになります。たとえば左の〝ブロックのカード〟が「遠雷」で(空気を入れ替えるために少し組織を再編成する、といった能力が妨げられているか、または誰かに本心を告げる必要があるのに、波風を立てるのが怖いことを意味しているかもしれません)、それを癒すためのカードが「霧に巻かれる」なら、焦らずにゆっくりと直感を使って状況をより深く広い視野で見直し、率直な話をする前に真実に到達しておくべきだ、という意味かもしれません。 第3のカード〜今後はどうなるか〜: 右に出たカードは〝結果のカード〟で、前の2枚から得たアドバイスに従えば、状況がどのように解決されるかを示します。たとえば〝ブロックのカード〟が 「自分の道を選ぶ」だったとします(これは、人生で選択肢を持つことが妨げられているのかもしれません)。そして中央の〝癒しのカード〟が「聖域を見つける」なら、その状況を改善するにはエネルギーを内面に向け、スピリチュアルな源とつながりなさい、という意味が考えられます。他人の欲求よりも自分自身の欲求を優先すべき時なのです。その上で〝結果のカード〟として「狭い道」を引いたなら、結果的にうまくいきますが、最初の2枚の導きに従いながら注意深くゆっくりと進める必要があるのかもしれません。 ※ 3枚引きのスプレッドのバリエーション: 左のカードは過去(問題の原因)を示し、中央のカードは現在(今の状況)を示し、右のカードは未来が何をもたらすかを示します。 ◆5枚引きのリーディング    〜スピリットガイドからのメッセージ〜 5枚引きのスプレッドでは、自分のガイドからスピリチュアルな助言をしてもらえます。この方法を使う時は、あなたを霊的に援助しているヘルパーたちが全員一ヶ所に集まり、今にも語りかけ、導きを与えようと待っているのをイメージしてください。それはまるで、あなたを愛し気遣う存在たちの大評議会が開かれて、その会場の真ん中にいるような感じです。 このパワフルなプロセスを開始するには、質問に心を集中させてから、天界のヘルパーすべてに祝福と導きをお願いしましょう。リーディングをしている間、彼らはずっとそばにいてくれます。 1.第1のカード 〜ハイアーセルフとマスターガイドのメッセージ〜: あなた自身(またはリーディングを受ける人)を表すカードを選び、テーブルの中央に置きます。 2.第2のカード 〜天界のヘルパーのメッセージ〜: 天界の存在たちと天使たちが、あなたに知ってほしいことを示すカードです。中央のカードの上に置きます。 3.第3のカード 〜地上のヘルパーのメッセージ〜: このカードは母なる大地の神/地母神と、あなたの味方であるすべての動物、植物、石からのメッセージを含んでいます。中央のカードのすぐ下に置きます。 4.第4のカード 〜ご先祖からのメッセージ〜: このカードは血縁・伝統によってあなたとつながる人々からのパワフルな手紙です。今はスピリットの世界に住まう親族のメッセージが綴られています。彼らもあなたの人生の旅をサポートしたがっているのです。中央のカードの左側に置きましょう。 5.第5のカード 〜未来の自己からのメッセージ〜: あなたがこれからなっていく、未来の姿からのメッセージとして1枚選びます。もっと若い頃の自分に会って、これまで学んだことをベースに助言や導きを与えられたら良いと思いませんか。そのためのチャンスです。中央のカードの右側に置いてください。 霊的なヘルパーのカードをすべて引き終わったら、頭に浮かんだ様々な思考を吟味しましょう。メッセージ全体に共通するテーマがあるでしょうか。それがまさに、精霊があなたに伝えたいメッセージを正しく理解する鍵です。 ● メディスンホイールによる年間スプレッド メディスンホイールとは、世界各地の先住民文化に多くの形で見つかっている(多くは石を並べた)聖なる輪のことです。日の出と日没のサイクル、月の満ち欠け、誕生と死と再生の各段階、季節の移り変わりなど、生命のあらゆる周期を象徴しています。メディスンホイールには各月ごとに決まった位置があり、冬至は輪の一番上(北の方角)、夏至は一番下(南の方角)、春分は右側(東)、秋分は左側(西)に表現されます。これからの 12ヶ月(1年間)を予想するには、まず今月を表すカードを選び、それを配置したうえで、続くカードを順番にメディスンホイール上の所定の位置に並べていきます。たとえば1月は輪の北/北東(時計のだいたい1時の位置)にあたるので、リーディングを行うのが3月なら、3月に該当する東(時計の3時)からスタートします。12枚すべてを引いた後、さらに最終カードを中央に配置して、その年全体のエネルギーを表すものとします。出来上がった予想図を見れば、今後の流れについて洞察を受け取ることができるでしょう。できれば、1枚引くごとに(カードを戻して)シャッフルし直すことをお勧めします。同じカードがまた出たい場合もありますから。その年のカードを1ページに1枚ずつコピーして印刷し、実際に各月にどんなことが起きたかを書きとめている人もいます。そうすれば、年末には 12ヶ月分の記録ができているというわけです。誰かの誕生日にこの記録帳を作ってあげるのも素晴らしいプレゼントになるでしょう。 ● 夢の隠された意味を発見する 夢もまた未来のビジョンを示し、現在にひらめきを与え、過去のイメージや、さらに遠い過去の片鱗さえも見せてくれます。夢は地上界と天界の出会う場所であり、膨大な創造性とインスピレーションを活性化する力があるのです。けれど夢の内容を覚えていたとしても、やけに鮮明で奇妙なイメージとしか思えず、どういう意味なのかと困惑することも多いでしょう。このオラクルカードを使えば、夢の意味をより深く解明する助けになってくれます。以下に具体的な方法をご紹介します: ◆ 夢を書きとめる 1.夢日記を作って、見た夢をそっくりそのまま書き留めましょう。覚えていることを全部詳しく書いてください。いきなり解釈を始めるよりも、ゆっくり時間をかけて夢をかみしめ、体験した感情の微妙なニュアンスまで意識に浸透させていきます。 2.夢全体をよく見渡して、最も顕著なイメージや感覚や感情をピックアップします。これも書き留めてください。意味不明に思えても心配は要りません。 ◆ カードを選ぶ 1.「夢を理解したい」という意図に気持ちを集中させます。この思いをマインドの中で最大限に保ちながら、夢の全般的な感触に意識を向けていきます。 2.前に書いた方法でカードを1枚引きます。あなたの潜在意識が、夢の奥深いエネルギーと最も近い波動のカードを選んでくれることを確信してください。引いたカードが、夢の伝えようとしている秘密のメッセージを理解させてくれるでしょう。 ◆ メッセージを見極める 1.まず最初にパッと頭に浮かんだことが、通常最も正確ですから信頼してください。洞察をもたらす起爆剤としてカードを眺めましょう。時にはカードを表に返した瞬間、なぜか無関係のことを考えてしまったと思うかもしれませんが、そのプロセスが夢をより深く理解させてくれるのです。 2.カードの絵柄についてよく考えてみると、何か自然な洞察が湧いてこないでしょうか。時には絵柄の方が(むしろ言葉よりも)夢のメッセージを理解するきっかけになるものです。色や形、描かれた物体などを見てください。絵柄のどの要素が夢と一番関連しているように思えますか? 夢を理解する上で、カードは決定的な答えを出してはくれませんが、あなたの生来の英知、〝知っている部分〟とつながりやすくしてくれるのです。このことを覚えておいてください。 3.宇宙が前夜の夢のメッセージを伝えられるように、たとえ夢を思い出せなくても、目が覚めたらとにかく朝一番にカードを引いてみましょう。 ● 日常生活で出会うサインや偶然を読み解く あなたの周囲にはたえずサインや偶然やシンクロニシティがあふれていて、そのすべてが運命の指し示す方向へ進ませようとしています。本当にどの瞬間も、宇宙はあなたに囁きかけているのです。サインの奥深い意味がわかりにくい場合もありますが、オラクルカードを使えばメッセージが把握できます。そのためには、ただサインに意識を向けてカードを引けば良いのです。 例を挙げて説明しましょう。あなたが外を歩いていると、カラスが頭のすぐ上をかすめるように飛んでいったとします。再び空高く舞い上がるカラスの、はばたく羽根の風圧さえ感じることができて「これは何かのサインに違いない。でも、どういう意味だろう」と思ったら…このオラクルカードを1枚引いて、気づきを得てください。引いたカードが「月明かりの旅」なら、そのカラスは「もっと深く掘り下げなさい。表面下で魔法の力が働いています」「世俗的な世界観を手放しなさい。物事は見た目通りではないのです」「魔法のような神秘的な出来事があるかもしれません。探してみましょう」というサインかもしれません。あるいは「天使の守護」のカードを受け取ったなら、カラスはあなたに「どんな体験をしていても、天使たちがあなたを取り巻き、守ってくれています…だからすべて大丈夫」と伝えているのかもしれません。 ーーー著者について--- デニス・リン自身の心の旅は、17歳の時の臨死体験から始まりました。人生を一変させるようなその体験と、目覚ましい回復をきっかけとして霊性の探求に乗り出した彼女は、先祖に当たるチェロキー族や、オーストラリア先住民のアボリジニ、 ボプタツワナ(※1)のズールー族など、多くの文化における癒しの伝統様式に触れていきました。ハワイのカフナ(シャーマン)とレイキマスター高田ハワヨ(※2)には正式な訓練を受け、ニュージーランドのマオリ族には養女として受け入れられています。また、禅宗の僧堂でも2年あまり修行生活を送りました。デニス・リンは、自己啓発の分野では国際的に著名な講師であり、ベストセラーとなった『Sacred Space』、米国での受賞作『Feng Shui for the Soul』など、17冊の著作がこれまで 25ヶ国語に訳されています。世界各地で数多くのドキュメンタリー作品やテレビ番組に出演し、6つの大陸でセミナーを開催しながら、彼女が創始者である International Institute of Soul Coaching(R) ではライフコーチングのプロフェッショナル認定プログラムを提供しています。 ※1:南アフリカ共和国北西部にかつて存在したバントゥースタン(自治区/独立国)。 ※2:ホノルル生まれの日系アメリカ人。レイキを西洋社会に紹介した人物。

レビュー

レビューはまだありません。

“セイクレッドトラベラーオラクルカード” の口コミを投稿します